雨漏れ修理の流れ

お住まいの雨漏れに悩んでいませんか?

 お住まいの雨漏れに悩んでいませんか?!
 もしご自宅が雨漏れをしているのなら、今すぐ補修をお考えください。瓦のズレがあるか、もしくは屋根の下の屋根材が傷んでしまっている可能性があり、雨漏れの原因となっていることが考えられます。雨漏れを放置しておくことで、お家の柱や構造体そのものに傷みを与えてしまう恐れがありますので、お早めの工事をおすすめします。大切なお家のためにも今すぐ、以下のフォームより無料点検をお申込みください。

雨漏れ修理の一例をご紹介(瓦屋根からの雨漏れのケース)

雨漏れをしている箇所を特定します。

雨漏れの際には、まず、どこから雨が侵入しているのかの原因を突き止めるところからはじめます。瓦屋根、トタン屋根、それぞれの屋根ごとに、屋根の構造上、雨漏れしやすい箇所が何箇所かありますので、それらの雨漏れポイントを中心にまずは調査を行います。

古くなった瓦を取り外します。

撤去する際は、取付部の下地を痛めないように外します。ホコリにも気を付けます。

 そして、雨漏れの原因の場所を突き止めたら、次は、補修工事を行います。

新しいを屋根材をしっかり埋め込みます。

周囲をしっかり確認をして水勾配を付けます。雨を適切に流れるようにします。
丁寧に瓦を戻していきます。

そして、完成!

元通り、瓦を綺麗に敷き詰め直しました。これで雨漏れなく安心ですね♪

一般のお客様は、雨漏れのことはよくご存知ではないことがほとんどです。

だからこそ、お家が雨漏れで痛んでしまう前に、お早めの『無料診断』をおすすめいたします。

今すぐお電話!0120-827-307