• 施工実績
  • いくつもの資格はプロの証
  • エムズリフォームのこだわり
  • あなただけの料金プランをお選び頂けます 詳細はこちら

施工の流れ(板金)

屋根カバー工法

1.現地調査

現地調査画像

屋根の上へあがらせていただき施工可能な状態か、また雨漏り等があれば下地が腐っていないか確認させていただきます。

  • 現地調査画像
  • 現地調査画像
  • 現地調査画像

2.足場組

足場組画像

足場組み当日は、大きなトラックが来ますので、事前にお客様や近隣住民の方々にお声かけさせていただいております。

  • 足場組画像
  • 足場組画像

3.雨といの取り外し

足場組画像

雨といは外さなくても施工可能ですが、屋根を施工する頃になりますと、雨といの損傷が激しい場合が多いのと、せっかく足場を組むので雨といの交換を一緒に提案させていただいております。

  • 足場組画像

4.軒先カラクサ取り付け

軒先カラクサ取り付け

軒先カラクサを取り付けることによって、屋根から伝わった雨水をスムーズにといに流すことが出来ます。

  • 軒先カラクサ取り付け
  • 軒先カラクサ取り付け

5.防水シート(ルーフィング)の敷き込み

洗浄サービス画像

既設屋根の上に防水シート(ルーフィング)を敷き込みます。

屋根の上に敷き込むことによって完全に防水することが出来、結露を防止する役割もあります。

  • 洗浄サービス画像
  • 洗浄サービス画像

7.谷の取り付け

養生画像

屋根の谷部分に、金属の板を入れ雨水の通り道を作ります。

※屋根の形状によっては谷が必要でない場合があります。

8.屋根材の敷き込み

屋根材の敷き込み

材料の割り付けをして、順番に作業していきます。また、棟部やケラバ等の端末部をしっかりと立ち上げ、雨水が入らないように施工します。

  • 屋根材の敷き込み
  • 屋根材の敷き込み
  • 屋根材の敷き込み
  • 屋根材の敷き込み
  • 屋根材の敷き込み
  • 屋根材の敷き込み
  • 屋根材の敷き込み

9.棟部かぶせ

棟部かぶせ

棟部に金属の棟を被せ、大棟やのぼり棟等の端末部分を塞ぎます。

  • 棟部かぶせ
  • 棟部かぶせ

10.最終確認(清掃)

最終確認

作業は細心の注意を払って作業しておりますが、キズ・汚れ等ないかしっかりと確認しながら清掃します。

11.足場解体

  • 足場解体
  • 足場解体

せっかく綺麗にしても、足場を解体するときにお客様の大切なお家にキズを付けてしまっては台無しになってしまいますので、細心の注意を払って作業致します。

足場の解体が終わりましたら、家の周りを念入りに確認し、金属片・ビス・ゴミが落ちていることのないように心がけています。

雨漏り調査

1.お客様からヒアリング

雨漏り_お客様からヒヤリング

お客様から雨漏り時の状況を聞かせていただき、雨の進入経路を絞り込みます。

※場合によっては雨天時にお伺いさせていただく場合もあります。

2.外観からの調査

外観からの調査

経験を生かした目で外観から漏れている可能性のあるところを探します。

  • 外観からの調査
  • 外観からの調査
  • 外観からの調査
  • 外観からの調査

3.室内からの調査

室内からの調査

雨漏りの場所・度合いによっては室内の天井や壁に影響が出ている場合が多いので(カビ・黄ばみ・クロスのめくれなど)中からも調査させていただきます。

  • 室内からの調査
  • 室内からの調査
  • 室内からの調査
  • 室内からの調査
  • 室内からの調査
  • 室内からの調査
  • 室内からの調査
  • 室内からの調査

4.水掛調査

水掛調査

大体の目星がつきましたら、雨が降っている時を再現するように水をかけてみて、水が入り込んでこないか確認します。

  • 水掛調査
  • 水掛調査
  • 水掛調査
  • 水掛調査
  • 水掛調査
  • 水掛調査

5.調査費用について

見積りは無料でおつくりさせて頂いておりますが、調査費用は有料とさせていただいております。

※原因が判らなかった場合は、料金は頂いておりません。

次に感激するのは、あなたです。
  • お電話でもお見積りを承っております。フリーダイアル:0120-827-307、TEL:0536-26-0495、営業時間:朝7:00~夜7:00
  • 無料お見積はこちらから
  • 資料請求
  • お問い合わせ