古くなった金属壁も張り替えた様に。メタリック調仕上げ!(新城市須長)

完成!

どうして奥三河外装を選んでくれたの?

見積りを色々と作り、示してくださったこと。

施工場所愛知県新城市
施工内容外壁の塗装工事・雨樋の取替え工事
施工時期2021年5月
使用した塗料大日本塗料:Vトップ メタリック
お客様のご要望チラシに「手塗りで20年前のわが家に」とあったのが目に留まって、せっかくの機会と思ってすべてをお願いしました。

施工前

施工中

洗浄

まず、塗装の前に高圧洗浄で、コケや汚れ、黒ずみ、旧塗膜等をしっかり落としていきます!高圧洗浄でしっかりと旧塗膜や汚れを落としておくことで、塗料の密着性を良くする効果を発揮できるからです。

下塗り

全体を高圧洗浄したら、まず鉄部に錆止め塗料を塗っていきます。白い塗料ですね。(下写真)     かすれがないように注意しながらしっかりと塗っていきます。

上塗り

そして、次は、上塗りです。今回は、窓枠・霧除け・破風板など一式を雨といの色に合わせたこげ茶色で仕上げていきます。(下写真)こげ茶色を塗る事で、全体的に締まった印象に仕上ります!  細かい作業が多くなるので、慎重に作業を進めていきます。

白い板金の壁は、手塗りで仕上げていきます。白い錆止めの上に白い上塗り塗料を塗っていくので、塗り忘れたりかすれたりしないように、気を付けながらたっぷり塗っていきます。

外壁の仕上げ

最後は、外壁のメタリック塗料の吹き付けで仕上げます。ムラがないように均一に吹き付けていくのが難しい作業です。仕上げた他の部分に塗料がついていしまわないように養生はしっかりと貼ってあるか確認しながら作業を進めます。(下写真)

といの交換

 既存の雨といは撤去して、新品の雨といに交換します。受け金具も交換しましたので、雨が漏れることもなくピカピカです!

そして施工後!きれいになりました!

ご覧ください!メタリック調仕上げの外壁で雰囲気がガラッと変わりました。

新築のような仕上がりになりました!メタリック調と白色の外壁にこげ茶色がいいアクセントになって落ち着いた雰囲気になりました。当社チラシにある「20年前のわが家に」を実現できたと実感しております!

お客様の声!(施工後の今のお気持ちを教えて)

見違える様に良くなったと喜んでいます。職人さんも親切で、こちらの要望も心よく行ってくださった。一生懸命やって下さり、言葉使いも充分でした。

「Iさん、お世話になりました。朝早くから畑仕事に出かけられて、そのお姿に僕等も元気をもらいました。採れたての野菜も沢山いただいて、本当にありがとうございました。身体に気を付けて、畑仕事頑張ってください。これからもどうぞ宜しくお願い申し上げます。」

塗装班 遠藤嘉之

トタン壁の塗り替えををお考えの方は、ぜひ塗装職人専門店の奥三河外装をお尋ねください。

今すぐお電話!0120-827-307