屋根工事<住宅のカバー工法>をご紹介します。

このページでは、屋根修理の方法の1つである「屋根カバー工法」をご紹介します。

他の屋根修理(瓦の交換・棟板金の交換・しっくい工事・屋根塗装などは別途、メニューからお選びください)

カバー工法を行うケースは、通常築20年以上のカラーベスト屋根が多い傾向があります。

そこで、以下のチェック項目を確認してみてください。1つでも当てはまったらお早めの「屋根カバー工法」をおすすめいたします。

まずは、チェックしてみてください。
  1. [  ]雨漏れがある
  2. [  ]20年以上屋根のメンテナンスをしていない
  3. [  ]断熱効果を期待したい(屋根材を重ねたい)
  4. [  ]屋根工事を考えているがコスト面(古い屋根をめくる手間と処分費)も抑えたい
  5. [  ]屋根全体を綺麗にしたいと考えているが、塗装よりも長持ちさせたい

 上記で、1つでも当てはまったものがありましたら、屋根が痛んでいる可能性があります。大切なお家のためにも今すぐ、以下のフォームより無料点検をお申込みください。

住宅屋根の重ね葺きの工程(カバー工法)は以下の手順で行います。

足場を架設します。

安全で作業しやすいように目線のあたりに雨トイがくる高さに道板を設置します。

古くなった棟を取り外します!

近隣の方にもご迷惑をおかけしないよう土埃にも気を付けます。
丁寧に撤去していきます。
棟板金の下地なども取り外します。

防水シートを敷き詰めます。

防水シートは万が一屋根材を通過してしまった雨水の侵入を止め、雨漏りを防ぐ「二次防水」の役割を果たします。
途中で天候が悪くなるリスクもあるため、防水シートの設置はダンドリ良く行います。

新しい板金を屋根に取り付けていきます。

隙間なく敷き詰めていきます。
最後に新しい棟板金を固定します。

そして、完成!

耐候性も十分ですし、綺麗でスタイリッシュな屋根に仕上がりました♪
鋼板の敷き詰め方一つでも、デザイン的にもオシャレに♪

一般のお客様は、住宅屋根のことはよくご存知ではないことがほとんどです。

だからこそ、お家が痛んでしまう前に、お早めの『無料診断』をおすすめいたします。

今すぐお電話!0120-827-307