板張り外壁を長持ちさせる!塗装でなく金属素材で木目調を実現。素材はガルバリウム鋼板で耐久性が向上。

和風の住宅に合う板張り。最初の頃はとても綺麗ですが、こまめに塗装をしないとせっかくの木材の雰囲気が汚れて見苦しくなってしまします。そんなお悩みは、金属素材の木目調柄で解決できます!

どうして奥三河外装を選んでくれたの?

 外観が以前から気になっていて、長持ちする方法はないかと相談したところ、金属素材の木目柄を提案してくれました。地元の人にお願いするのが一番だと思っていましたので、先代の頃にもお願いしたこともあり「銅製千羽鶴」の新聞記事も印象深いものがありました。

施工場所新城市小畑
施工内容外壁張り替え及び塗装工事
施工時期2020年10月
使用した材料淀川製作所:エースコート アンプレッセ
日鉄鋼板:耐摩カラーSGL鋼板
エスケー化研:水性セラミシリコン
お客様のご要望木目柄を生かして、長持ちさせたい。

施工前

施工中

窓枠廻りを板金加工材で取付し、木枠の腐食や雨漏りを防ぎます。

破風板、板金加工後取付作業中!

既設板張りの上へ直接施工します。この写真は外壁材角部取付作業中。木目柄金属材と同じ材料を加工して利用。一体感を出します。

瓦屋根軒先に板金加工メンドを取付!。白いカケラが地面に落ちていたりしませんか?築年数が経過するとどこの家にもこういった症状が見られます。同じ漆喰を使って補修しても、また落ちてしましますので写真の様に板金加工したメンドで釘打ちまたはビス止めにて仕上げます。トイを外さなければ作業できないので、トイの交換時期を考慮してご提案させていただいています。

雨樋の交換作業中!

施工後

もう塗り替えを頻繁に行う必要はなくなりました。あんなに傷みがあった外壁も、木目調の雰囲気を残しながら綺麗になりました!

お客様の声!(施工後の今のお気持ちを教えて)

 まるで新築‼ 渋い親方、キビキビとした若い職人達!

現状の雰囲気を残しながら長持ちさせたい、そんな感動の外装リフォームをお考えの方は、ぜひ職人専門店の奥三河外装にお尋ねください。

今すぐお電話!0120-827-307